2018年06月26日

【5.2018/6/2 東京都 世田谷区 松陰神社・参拝・御朱印】

【5.2018/6/2 東京都 世田谷区 松陰神社・参拝・御朱印】



【御祭神】吉田寅次郎藤原矩方命(吉田松陰先生)


【公式サイト】http://www.shoinjinja.org/


【最寄駅】松陰神社前駅・若林駅



2018/5/27、松陰神社へ「学業成就」祈願として参拝して参りました。


20180602_155603.jpg


【ご由緒】


松陰先生は天保元年(1830)八月四日


長州萩(現在の山口県萩市)に藩士杉家の次男として生まれました。


六歳の時に吉田家を継ぎます。


松陰先生は学問をすすめるうちに鎖国状態の日本の将来を案じるようになり


欧米の実情を知ろうと黒船に自らかけあい


渡米を企てましたが失敗し投獄されてしまいます。


出獄後に松下村塾という私塾で教鞭をとり


明治維新の際に中核を担うこととなる多くの若者を指導しました。


しかし安政の大獄に連座し


江戸伝馬町の獄中にて三十歳の生涯を終えられました。



その四年後の文久三年(1863)に


松下村塾門下生であった高杉晋作、伊藤博文たちの尽力により


遺骨を小塚原から長州藩の抱地であった世田谷若林の地に改葬しました。


そして日本が急速に近代化への道を邁進する明治十五年十一月


松陰先生の遺志を形にするため門下生たちが墓畔に社を築き


忠魂の鎮座するところとなりました。


(配布のパンフレットより)



【社号碑】


20180602_154456.jpg



【鳥居】


20180602_154444.jpg



【御社殿】


20180602_155603.jpg



【御朱印】


20180602_182454.jpg



【授与品】


御朱印をいただいた際 無料でいただきました。(非売品)


20180607_091751.jpg



【松下村塾】


境内右手には「松下村塾」の模造した建物が置かれています。


20180602_160127.jpg



【松下村授受の主な塾生たち】


20180602_160204.jpg


20180602_160218.jpg



【吉田松陰先生像】


松下村塾の側には吉田松陰先生像が置かれている。


20180602_160538.jpg



【案内板】


20180602_154520.jpg








【開運】












【金運】











posted by WOODBELL at 06:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | 神社参拝・御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください