2018年05月21日

【2.「大人の発達障害」自閉スペクトラム症とは】

【2.「大人の発達障害」自閉スペクトラム症とは】


➡自閉スペクトラム症では


 「社会コミュニケーション及び対人関係」



 「こだわり」の特性がみられます。


 自閉スペクトラム症は発達障害の1つであり


 遺伝と環境の双方が関与して起こりますが


 育てられ方が原因で起こる物ではありません。


 注意欠如・多動症(ADHD)などの他の発達障害や


 他の精神疾患、身体疾患が併存している事も多く見られます。



➡「自閉スペクトラム症」の症状


 ➡社会的コミュニケーションや対人関係の問題:


  ➡通常の会話のやりとりが苦手であったり


   他の人と感情を共有する事が少ないという特徴があります。


  ➡相手の表情や身振り手振りから、気持ちを読み取るのが苦手です。


  ➡実際に目の前に無い物や


   架空の事柄を想像したり空想する事が難しい場合があります。


   また、仲間に対する興味が薄いという特徴がある場合もあります。







 ➡「こだわり」の問題:


  ➡物を並べたり、叩くといった


   単純な行動を繰り返すという特徴がある人もいます。


  ➡同じ習慣への強いこだわりがあり


   少しの変化にも苦痛を感じる事があります。


  ➡興味の範囲が狭く、特定の物にこだわるという特徴があります。


  ➡聴覚、嗅覚、触覚、視覚など


   特定の感覚が非常に敏感または鈍感な人がいます。



※「自閉スペクトラム症」には「自閉症」


 「アスペルガー障害」と診断されていた疾患も含まれています。



➡自閉スペクトラム症の人達は、生活に困難を抱えながらも


 外からはそれがわかりにくい為、発達の問題があると事に


 気づかれにくい場合があり


 「わがままで自分勝手」「空気を読まない」


 などと言われ、辛い思いをしてきました。


 こうした人達の特徴は、性格の特徴とも言えますが


 この特徴が著しく、社会生活を営む上で本人や家族


 周りの人が困って辛い思いをしているならば


 適切に行動できる様に対処方法を考えたり


 支援を受ける必要があります。


 日々の困難が積み重なると、精神的にも辛い状況となり


 他の精神疾患を併発するなど


 二次的な問題に繋がる可能性もある為です。





ADHDサポートサイト


大人の為の http://adhd.co.jp/otona/



以上。





SnapCrab_NoName_2018-5-29_19-11-27_No-00.png
ラベル:衝動買いをしてしまう 部屋が片付けられない おしゃべりに夢中になって家事を忘れてしまう そわそわしてしまう 家事を効率よくこなせない 別の事に気を取られやすい 落ち着かず お金の管理が苦手 ケアレスミスがよく見られる おしゃべりを始めると止まらない 最後まで終える事が難しい 外出の準備がいつも間に合わない 締め切りに間に合わない 忘れてしまう 必要な物を無くしてしまう 人間関係 勉強中 授業中 依存症 言いたい事を我慢してイライラする 自分の事ばかりしゃべってしまう 仕事中 会議中 集中できない 思った事を直ぐに言動に移してしまう ケアレスミス 約60%の人で成人期にも症状が残る 不用意な発言をしてしまう 診断基準 貧乏ゆすりや机を指先で叩く おしゃべり 忘れ物 ミス 上司 同僚 コミュニケーション 提出物の期限が守れない 大事な物を無くす 仕事 家事 段取りが悪い 空気が読めない 家庭 生活面 支障 頻繁 子供 子供の頃から 努力不足 生来の発達 生来 発達 アンバランス 発達のアンバランス 発達障害 発達上の個性 個性 特性 日常生活に困難 日常生活 困難 自閉スペクトラム症 限局性学習症 ADHD 注意欠如 多動症 障害 必要なサポート 必要 サポート 工夫 対策 努力 状況 改善 悪気 親の育て方のせい 非難 誤解 適切に対応 生活上の悪循環 悪循環 社会コミュニケーション 対人関係 こだわり 遺伝 環境 双方 精神疾患 身体疾患 通常の会話のやりとりが苦手 感情を共有 表情 身振り 手振り 気持ちを読み取るのが苦手 目の前に無い物 架空の事柄を想像 空想 難しい場合 仲間に対する興味が薄い 興味 物を並べたり 叩く 単純な行動を繰り返す 同じ習慣への強いこだわり 少しの変化にも苦痛 興味の範囲が狭く 特定の物にこだわる 聴覚 嗅覚 触覚 視覚 特定の感覚が非常に敏感または鈍感 自閉症 アスペルガー障害 わがままで自分勝手 空気を読まない 生活に困難 社会生活 本人 家族 周りの人 対処方法 支援を受ける 精神疾患を併発 二次的な問題 知能的 大きな問題なく 目も見え 耳も聞こえている 読む 書く 計算する 学習技能 Specific Learning Disorders 誤った発音をする 文章の文字や単語を抜かして読む 読んでいるものの意味を理解する事が難しい 誤った文字を書く 句読点を間違える 単語の中に誤った文字が混じる 文法的な誤りの多い文章を書く 数の感覚 計算の正確さに困難がある 数学的推理の正確さに困難がある 診断は非常に慎重 生活支援 書く事が苦手な人ではパソコンを使う 計算が苦手な人はでは電卓を活用する 書き写す事が困難な人ではカメラで記憶する ツールを活用 人を傷つける様な発言をする 些細な事でも叱責してしまう 約束の時間にいつも間に合わない 約束を忘れてしまう 人の話を集中して聞けない 注意 行動 コントロール 注意や行動をコントロール 脳の働き 実行機能 前頭前野 大脳 神経伝達物質 脳の神経伝達物質 脳内の神経細胞の間で情報をやり取りする物質 神経細胞 物質 ドパミンやノルアドレナリンの働き ドパミン ノルアドレナリン 神経伝達物質の不足を改善 情報伝達をスムーズ 情報伝達 適切な対策 第一歩 道しるべ 暮らし 暮らし方を見直し 豊かに生きる 補助として医療を利用する 補助 医療 イメージ 得意 得意な事を活かす 苦手 克服 克服するのではなく より楽 見つけていく事が大切 大切
posted by WOODBELL at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 8_大人の発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください